今年もありがとうございました

榎戸園の26年の収穫はすべて終了いたしました
今年もありがとうございました

6月13日に雹が降ったときには、今年の収穫はできないのかなと思ったほどでした。

しかし、実際に収穫をしてみると、被害の大きな畑でも2割程度の被害ですみました。 雹の被害で傷ついた梨を、自宅用として購入して頂いた皆様にも心より感謝申し上げます。

南山 あみはずし

今は収穫の終わった畑の片付けなどをしています。

これは防鳥網といって、主にカラスなどの鳥から梨を守る為に設置しているものです。稲城市では殆どの農家が、設置をしています。私の園では数時間のうちに数百という果実を落とされたことがあります。それ以来、梨が熟してくる7月になると設置をするようにしています。カラスには罪はないのですが、大きな被害を受けたときは恨めしく思いました。

ずっと設置したままでいられると楽なのですが、このまま冬を迎えると大変なことになってしまうのです。

雪が降ると、防鳥網に雪がつもってしまい、棚全体を壊してしまうことがあるのです。

その為、この時期にたぐり寄せ、片付ける必要があるのです。

空気がヒンヤリしていて、澄んだ秋の空を見ながら仕事をするのは心地良いです