130年の歩み 梨のポタニカルアート(植物画)展 開催されています

potanikaru_invポタニカルアートとは、植物の持つ特徴や大きさまでも忠実に描く植物画のようです。現在、稲城市立城山体験学習館にて「130年の歩み」~梨栽培と共に生きる~として梨のポタニカルアート展が開催されています。会場には稲城で栽培された梨をモデルに描かれた作品が収穫時期順に展示されています。日頃、梨に接している我々にも気づかない、些細な違いが手に取るようにわかりとても楽しいです。 作品は様々な形で稲城の梨に関わっていただいている市内在住の多田野氏によるものです。梨に対する愛情を感じ、生産者としてもうれしくなってしまいます。6月17日~27日開催されています。稲城市中央図書館に隣接した建物ですので是非お立ち寄りください。

 

 

 

potanikal_jyunbi

準備を梨生産組合の役員でお手伝いしてきました。