栄養士さんが見えました

市内学校給食センター・杉並・狛江の栄養士が、農業体験・視察に見えました

日曜日なのにお疲れ様でした。栄養士さんが農産物と子どもたちの距離を近づけるための努力にとても感銘しました。

eiyoushi
袋掛け体験

稲城市でも毎年二学期に、市内で育てられた梨・ぶどうが給食に出ます。
栄養士や先生の説明がなければ、ただの梨・ただのぶどうになってしまいます。栄養士さんはお便りなどを作成して、子どもたちに食材の由来や、生産の苦労などを伝えてくれています。

共同調理場からのおたより
共同調理場からのおたより

今回の視察体験は、実際に生産の場に身を置き、その気持ちを伝えてゆきたいという思いで栄養士さんが個人的に計画されたとのことです。

杉並や狛江でも積極的に地域の農産物を取り入れたいとのことで、農家と直接話しをして、子どもたちに伝えてゆきたいとのことです

東京の子どもたちにあたたかいメッセージが伝わり、「食」に益々興味を持ってもらえることを楽しみにしています。

かれん

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31