止葉(とめは)をうつと梨の実は急激に育ちます

150703_tomeha-yes 150703_tomeha-no

止葉(とめは)という言葉をご存じですか?止葉をうつと梨は急激に大きくなります。梨にとっては大きくステージが変わる時期です。
梨は春につぼみが膨らみ花が咲き、葉が出て、枝が伸びます。
枝の先端には次から次へと葉が生まれます。4月中旬から6月までは3日に1枚くらい葉が生まれます

そして、7月に近づくと枝の先端で葉ができなくなります

この状態を「止葉をうつ」と呼んでいます

今までは葉を増やし、樹に養分を蓄えていた樹体は、成熟した働く葉によって、実を育て、糖分を蓄えます。
そしてもう一つ、来春に開く花芽を充実させています
止葉をうった梨の木は静かに今年の美味しい梨の実来年の花の準備をすすめています。

150630_shitanoku

 

 

かれん

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31